So-net無料ブログ作成

●「孤独の価値」森 博嗣 [読書レポート]

「孤独の価値」森 博嗣
「孤独」は悪いことではない!孤独人生論。


孤独の価値 (幻冬舎新書)

孤独の価値 (幻冬舎新書)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2014/11/27
  • メディア: 新書



孤独の価値

孤独の価値

  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2014/11/28
  • メディア: Kindle版



読了日:2016.9.17
分 類:エッセイ
ページ:182P
価 格:760円
発行日:2014年11月発行
出版社:幻冬舎新書(幻冬舎)
評 定:★★★★


●作品データ●
---------------
テーマ : 孤独
語り口 : 一人称(僕)
ジャンル: エッセイ
対 象 : 一般向け
雰囲気 : 気ままに
---------------

【100字紹介】
孤独とは何なのか?定義から考察を始め、 何故孤独は悪いというイメージが一般的なのかを解き明かし、 孤独は決して悪いことではなく、得難い価値あるものだということ、 それを和らげ、発散する方法を提案するエッセイ


久し振りに、森エッセイを。
相変わらずの独特のカラーです。
好きな人なら、ああこれだよ、というような。
楽しそうに過ごしていらっしゃるようで、
羨ましいところですが、
まあ誰もが森博嗣になれるわけでもないですし、
なりたいとも限らないわけですが…、
やっぱり楽しそうです。
自分なりの楽しさを見つけて、
この境地を得られるといいな、と思えますね。

さて、本書の内容ですが。
タイトル通り、孤独についてでした。
孤独は、集団生活から外れることで生存を脅かされる可能性のある、
古い本能の延長線にあること、また寂しさと直結していること。
この寂しさについて、人間の気持ちの描くサインカーブの中で、
プラスの頂点とマイナスの頂点がそれぞれ楽しい、寂しいではなく、
微分の頂点(気持ちのサインカーブでは、
マイナスからプラスへ転じるところ、マイナスからプラスへ転じるところ)
であるという説が大変面白いところ。

論考のようでいて、一直線ではなく行きつ戻りつ感があり、
やはりエッセイ、という感じです。
なのにアカデミック風な雰囲気が崩れないのも、
森博嗣らしい気がします。


---------------
文章・展開 :★★★
簡 潔 性 :★★★★
学 術 性 :★★★★
独 自 性 :★★★★★
読 後 感 :★★★
---------------
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。