So-net無料ブログ作成

●「世界史を変えた薬」佐藤健太郎 [読書レポート]

「世界史を変えた薬」佐藤健太郎
医薬の進歩が世界史を変える!お手軽医薬史


世界史を変えた薬 (講談社現代新書)

世界史を変えた薬 (講談社現代新書)

  • 作者: 佐藤 健太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: 新書



世界史を変えた薬 (講談社現代新書)

世界史を変えた薬 (講談社現代新書)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/10/20
  • メディア: Kindle版




読了日:2016.8.26
分 類:一般書
ページ:185P
価 格:740円
発行日:2015年10月発行
出版社:講談社現代新書(講談社)
評 定:★★★★★


●作品データ●
---------------
テーマ : 10の医薬品を巡る歴史よみもの
語り口 : 一人称的(一人称「筆者」)
ジャンル: 一般書
対 象 : 一般向け
雰囲気 : 語りかける風
装 丁 : 中島 英樹
---------------

【100字紹介】
ビタミンC、キニーネ、モルヒネ、麻酔薬、 消毒薬、サルバルサン、サルファ剤、ペニシリン、 アスピリン、エイズ治療薬。これらを柱に、 医療史も含めた医薬品の歴史をかみ砕き、 整理して一般向けに読みやすく解説する


久々のヒットです。
わくわくしながら、どんどん読み進めてしまいました。

100字紹介に挙げたような医薬品(ビタミンCも
医薬品なのか!とちょっと驚いたり。でも確かに
壊血病には特効薬ですね)を章ごとの「主役」に据え、
それにまつわるお話を興味深く読んでいるうちに、
古代から現代までの医薬史がざっと見通せてしまうという、
上手にまとめられた1冊です。

ちなみに。
ビタミンC=壊血病治療薬
キニーネ=マラリア治療薬
モルヒネ=鎮痛剤
麻酔薬として…マンドレーク、麻沸散、通仙散、
 笑気、、エーテル、クロロホルム…など
消毒薬として…塩素水、フェノールなど
サルバルサン=梅毒治療薬
サルファ剤=細菌感染症治療薬
ペニシリン=抗生物質
アスピリン=鎮痛剤
です。

断片的に知っている話も、こんなところに
はめ込まれていくのか、と思いましたし、
何と、そういう仕組みでその薬は働いていたのか、
というところも、かなり一般向けに簡略化されているものの、
それなりの知識で納得できる形で説明されていました。

著者は医薬品メーカーの研究職やら、
某大学さんの理系の広報担当教員などをやって、
現在の肩書はサイエンスライターとのこと。
なるほど、と納得の経歴です。
内容の下地は十分の上、それを一般に向けて
発信する経験も豊富ということですね。
素敵な経歴だと思います。
他の作品にも興味が湧きました。


---------------
文章・展開 :★★★★★
簡 潔 性 :★★★★★
学 術 性 :★★★★
独 自 性 :★★★★
読 後 感 :★★★★★
---------------
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。