So-net無料ブログ作成

●「若者はなぜ「決めつける」のか」長山靖生 [読書レポート]

「若者はなぜ「決めつける」のか 壊れゆく社会を生き抜く思考」長山靖生
各世代を比較しつつ、その考え方を考察する


若者はなぜ「決めつける」のか: 壊れゆく社会を生き抜く思考 (ちくま新書)

若者はなぜ「決めつける」のか: 壊れゆく社会を生き抜く思考 (ちくま新書)

  • 作者: 長山 靖生
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2015/02/04
  • メディア: 単行本

読了日:2016.8.19
分 類:一般書
ページ:238P
価 格:800円
発行日:2015年2月発行
出版社:ちくま新書(筑摩書房)
評 定:★★★


●作品データ●
---------------
テーマ : 年代別の世相と思想の傾向
語り口 : 一人称的
ジャンル: 一般書
対 象 : 一般向け
雰囲気 : 著者の考えを伝える
装 丁 : 間村 俊一
---------------

【100字紹介】
主に就業・就職を中心に、テン年代(2010年以降)、 ゼロ年代(2000年代)、90年代、それ以前の世代の、 世相とそれに直結する思考の違いを考察し、 現代社会の現状の整理と、 問題提起や意見を述べていく論考


興味深く読みました。
隙間時間にちょこちょこ読みをしたせいか、
まとまりが分かりにくく、全体に
だらだらと同じようなことが続くイメージでしたが、
それは読み方が悪かったのかもしれません。

世代間の思考の違いは、
それぞれの時代の政治、世相などに
直結している、という考え方は、
とても自然な感じがしました。
なるほど、そういう時代だったから、
こういう考え方になっていくのか、というような。
ちょっと考えれば、確かにそうなると
予想できそうだよね、というところが自然であり、
逆に言えば独自性という印象が
薄まるところでもありますが、
それをさくさくと文章化しているものを
普段読んでいなかったので「へー」という感じでした。

現代の実情とかけ離れていないとも思えますし、
よく現代社会を映し出しているような気がしました。


---------------
文章・展開 :★★+
簡 潔 性 :★★★
学 術 性 :★★+
独 自 性 :★★★
読 後 感 :★★★
---------------

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。