So-net無料ブログ作成

●「レンタルマギカ 最後の魔法使いたち」三田 誠 [読書レポート]

「レンタルマギカ 最後の魔法使いたち」三田 誠
大魔術決闘もついに決着し大団円へ…完結編


レンタルマギカ  最後の魔法使いたち (角川スニーカー文庫)

レンタルマギカ 最後の魔法使いたち (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 三田 誠
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/07/31
  • メディア: 文庫


読了日:2014.02.09
分 類:ライトノベル
ページ:422P
価 格:629円
発行日:2012年8月発行
出版社:角川書店(スニーカー文庫)
評 定:★★★


●作品データ●
----------------------------
主人公:伊庭いつきほか
語り口:3人称
ジャンル:ライトノベル
対 象:ヤングアダルト向け
雰囲気:オカルト
結 末:大団円
イラスト:pako
デザイン:中デザイン事務所
---------------------------

【100字紹介】
<螺旋なる蛇>と<協会>の切り札同士の激突。
世界の認識を創り変える惑星魔術の発動。
第三団たちの強大な魔力のせめぎあい。
そんな中、いつきは、司は、アディリシアは、穂波は、フィンは…!
シリーズ本編最終巻。



オカルト系ライトノベル作品の第22巻。
本編最終巻とのこと。

引き続き、2大組織と<アストラル>の三つ巴戦、
真っ只中からのスタート。
で、何だかんだあって、何とか終わります。
…すみません、まとめすぎました。
いや、でも何というか…、
結構分厚くて、色々動きもあったと思うのですが…、
間が長いというか、全体的にテンポはあまりよくないかも。
いや、でもそういうちょっとだけ「もったいぶった感じ」が、
神秘的な雰囲気を醸し出している…のかも。

それにしても結末に驚き。
いえ、全体としては何の問題もないのですが、
表紙でいつきが手をつないでいる相手が、
確定しちゃうとは思いませんでした。
いや、していないのかもしれませんが、
していますよね?これは。していますよね?
本人にどれくらいの自覚があるかは知りませんが。


まだこのあとに、短編集が出るようです。
そこまで読んだら、このシリーズともお別れですね。
最初はアニメで知ったこの作品ですが、
そのあともなかなか長い道のりでした。もう一息。


---------------------------------
文章・描写 :★★
展開・結末 :★★★
キャラクタ :★★★
独 自 性 :★★★
読 後 感 :★★★
---------------------------------


菜の花の一押しキャラ…伊庭 司

「僕たちの世界は、いつだって僕らが考えるよりほんの少しだけ
 不思議が多いって、そう思ってます」     (伊庭 いつき)

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。