So-net無料ブログ作成
検索選択

●「篁破幻草子 めぐる時、夢幻の如く」結城 光流 [読書レポート]

篁破幻草子 めぐる時、夢幻の如く」結城 光流
小野篁&橘融のオカルトファンタジー最終巻




読了日:2014.02.08
分 類:ライトノベル
ページ:286P
価 格:514円
発行日:2007年6月発行
出版社:角川ビーンズ文庫
評 定:★★


●作品データ●
----------------------------
主人公 : 小野 篁(橘 融)
語り口 : 3人称
ジャンル: ライトノベル
対 象 : ヤングアダルト向け
雰囲気 : 歴史オカルト
結 末 : 解決、完結
イラスト: 四位広猫
デザイン: BELL'S
---------------------------

【100字紹介】
ときは平安のはじめ。人の身でありつつ夜は冥府の官吏として、
都にはびこる鬼を狩る小野篁。彼の持つ凶星・破軍の魂は不完全であり、
そのために悪鬼・朱焔に執拗に狙われ、
ついに闇に堕ちることに…!シリーズ完結編



シリーズ第5巻、最終巻です。

ごくごく久し振りに読みました。
4巻を読んだのが2008年の夏です。実に5年半振り。
当然ながら…覚えてません!(>_<)
が、無謀にもそのまま読み進めました。

結果。

話が分からない…。
ひたすら置いてけぼり…。
そして置いてけぼりにされながら、
最後まで読むことになってしまいました。

初っ端から楓が多分、死んでいて(?)、
篁は闇に堕ちかけていて、生まれ変わる前だか、
過去の宿命が出てきて、主人公がぐるぐるしている間に、
周りでは色々悲劇と惨劇がおきまくり、
過去の思い出も次々飛び出し…、という感じ。

結論から言えば、置いてけぼりで
感情移入ゼロのまま読み進めるという、
その読み方が悪かったのか、どうも微妙でした。
何だか一昔前の少女マンガみたいです。
悲劇の大バーゲンセール
内容としては結構シビアで、どんどん犠牲が積み重なっていく、
絶望的なエピソードなのに、お芝居がかっているというか、妙に遠いというか。
でもすみません、きっと感情移入できなかった、
覚めた目の読者が悪いです(>_<)。

なお、巻末には「橘少将、鬼の「腕」と闘うの事」と
「終わりなき、それは」の短編2編が収録されています。
「終わりなき~」は、昌浩&もっくんも出張出演です。


しかしこれだけのことがありつつ、
最終的に主人公だけが取り残されるのは切ないですね。
他の北斗の人たちの魂は一体、どこへ…?


---------------------------------
文章・描写 :★★
展開・結末 :★★
キャラクタ :★★★
独 自 性 :★★★
読 後 感 :★★★
---------------------------------


菜の花の一押しキャラ…橘 融

「俺くらい知っていてやらないと、働き損だよなぁ」(橘 融)
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。