So-net無料ブログ作成
検索選択

●「伯爵と妖精 白い丘に赤い月満ちて」谷 瑞恵

「伯爵と妖精 白い丘に赤い月満ちて」谷 瑞恵
妖精と謀略とドキドキの英国風ファンタジー




読了日:2014.1.20
分 類:ライトノベル
ページ:298P
価 格:550円
発行日:2013年4月発行
出版社:集英社(コバルト文庫)
評 定:★★★★


●作品データ●
----------------------------
主人公:リディア・アシェンバート
    エドガー・アシェンバート
語り口:3人称
ジャンル:英国風ファンタジー
対 象:ヤングアダルト向け
雰囲気:少女漫画風
結 末:ハッピーエンド
イラスト:高星 麻子
装 丁:織田 弥生
---------------------------

【100字紹介】
英国、ヴィクトリア朝時代が舞台のファンタジー・ライトノベル第31巻。
自分の運命を知り、姿を消すアルヴィン。その行方を案じつつ、
リディアとエドガーは最終決戦の準備を進める…ついに迎えた彼らの戦いの結末。



英国、ヴィクトリア朝時代が舞台のファンタジー・ライトノベル。
32冊目にして第31巻、本編最終巻です。完結です。

自分が生まれれれば母が死ぬ、
プリンス打倒こそ使命だと信じていたのにそれは父殺しに
繋がっていた…、過酷な宿命を知って姿を消したアルヴィン。
最終決戦の鍵を握る「ファイアアゲート」を求めて、
伝説のセルキーを知るであろう老セルキーを訪ねるアーミンたち。
着々と調査を進めるカールトン教授や「朱い月」のメンバーたち。
多くの協力を得ながら、ついにリディアとエドガーの最後の戦いが始まります。
そして、終わります。

ここまでの道のりを思うと、ぎゅっと1冊に詰め込みすぎでは!?
というくらいの密度。ですが、まあそこはスピード感を出すために、
ということでよろしいのではないでしょうか。
あんまり引き伸ばされても、疲れますしね。


それにしても、これで本当に終わりなのですね。
もっと読みたい、もっと浸っていたい…と思いつつ、
そろそろ彼らの苦労も終わらせてあげたい、とも思います。
そして、まだ生まれていないにも関わらず、
すっかり親の顔になってしまったリディア&エドガーを眺めつつ、
時の流れに思いを馳せます。
それほどの時間は経っていないとはいいつつ、初期からは激変ですね。
リディアもエドガーもレイヴンもみんなみんな。
そしてアーミン…。まさかのアーミンでした。
ケルピーとの関係がとても興味深いものでしたのに。
それに、レイヴンとの関係も。
レイヴンと言えば、まさかのロンドン塔での繋がりでしたが、
あれは最初から構想されていたのでしょうか…。
うまく行き過ぎてびっくりですね。
そしてレイヴン&ケリーもいいですね。いいですよ!
まだ短編集があるらしいです。
いやー…、楽しみです。


---------------------------------
文章・描写 :★★★★
展開・結末 :★★★★
キャラクタ :★★★★
独 自 性 :★★★★
読 後 感 :★★★★
---------------------------------


菜の花の一押しキャラ…エドガー・アシェンバート

「妖精は、淋しくならないものね。魂しかないからなのかしら。
体を得てこの世に生まれたとたん、心はいろんな思いを知るのかもしれないわね」(リディア)

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。